新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】驚異の飛距離が手に入る!GOLFボディスイング:藤井 誠

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

飛ばしのための本かと思いきやそうではなく、あくまでもゴルフスイングに関する一般的なレッスン書である。

「クラブを正しく動かせば、自ずと結果はついてくる」それが藤井氏の答えだ。

<Introductionより抜粋>

ゴルフにおいてもっとも大切なのは、クラブをいかに効率よく理想的な軌道で動かせるかということです。どのような状況であっても軌道がズレることなく、スピードを上げるべき場所でしっかりとヘッドを加速させることができれば、結果は自ずとついてくるでしょうし、よりゴルフが楽しくなるはずです。

読後の所感

昔ながらのスイング論がまとめられた一般的なレッスン書であるように思えた。

毎年、独自の「○○理論」なるものが考案されるゴルフレッスン業界においては、逆にめずらしい存在と言えるかもしれない。

内容は初心者向け、中上級者には物足りないと思われる。

 

特段ツッコミどころもないのだけど、気になった点を2つほど挙げてみよう。

  1. ダウンスイングでは骨盤を回してスイングすると言っているが、テイクバックで右ひざを動かすなとも言っている。これって両立するのだろうか?右ひざを動かさないとバックスイングで骨盤を充分に回すことができないように思える。
  2. ドリルとして「寸止めドリル」なるものが考案されているが、何の役に立つのだろう?筋トレ効果にも期待できると書かれているが、手首を痛めて終わりな気がして仕方がない。
スポンサーリンク

最後に

読後に気づいたのだけど、藤井氏はYoutubeやってらっしゃいますね。

この本よりYoutubeの方が、内容が濃いような気がします。