新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフはYouTubeだけでは上手くならない:和田 泰朗

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

本のタイトルは「ゴルフはYouTubeだけでは上手くならない」だが、実際の内容は和田氏考案の「キープレフト理論」が紹介されたもの。

ゴルフスイングは二重振り子運動ではなく二点吊り子運動であり、この二点吊り子運動に基づいて考案された新しい概念が「キープレフト理論」とのことである。

体の動かし方を説明した本ではなく、ゴルフスイングを理論的に扱った本。

好き嫌いはしない、いろんな理論を聞いてみたいという方は読んでおくといいだろう。

読後の所感

正直言って、よくわからなかった。。。

右手と左手でクラブを持っているから二点吊り子らしいが、ただそれがなぜ二重振り子の代替運動となるのか。

ここが理解できなかったから、キープレフト理論も理解できなかったのである。

 

また、遠心力が働くことでクラブヘッドのトゥー側は勝手にターンするという理屈も理解できなかった。

遠心力は回転中心からヘッド方向に働く力だから、クラブのリリースには寄与すると思うけど、ヘッドのターンには寄与しないと思われる。

私は、ヘッドターンに寄与するものはジャイロ効果だと考えている。

体幹の回転と腕の回転の回転軸の傾きの違いが、ジャイロ効果を生み、それによって右手は自然と回内する方向に動く。

これにより、ヘッドは自然とターンするわけで、遠心力がその正体であるとは思えない。

 

とまあこんな感じで色々と突っ込みたくなったが、「ゴルフはYouTubeだけでは上手くならない」という点においては、意見の一致を見たので良しとしておこう。

尚、著者の主張するYoutubeだけでは上手くならない理由は、ものまねに過ぎないかららしい。

スポンサーリンク

最後に

1章読んだところまでは内容に期待していたのだけれど、その後読み進んでいくうちにどんどんわけがわからなくなってしまった。

なので私はこの本をこれ以上深読みしないが、GGスイングのようなものを目指している方には役立つような気もする。

ご自身のスイングスタイルに合わせて、読むのか読まないのか、ご判断ください。