新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】理想のゴルフ:村瀬 雅宣

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

この本の著者、村瀬 雅宣氏の肩書は、ゴルフメンタルカウンセラー・一橋大学ゴルフ部監督だ。

ゴルフメンタルカウンセラーであるからして、技術的なことは書かれておらず、メンタル的なこと、すなわち上手くなるための思考法が述べられている。

「なぜ練習場では出来ていたことが、ゴルフ場ではできないのか?」

本書を読めば、この疑問が解消されるでしょう。村瀬流「新思考」は、巷でよくあるスコアアップ法とは違い、ビジネスマネジメント的な思考と心理学を融合させた、全く新しいメソッドです。

カバーそでの文章を引用させていただきました。

読後の所感

どの辺りが”新思考”だったのか。

村瀬氏のゴルフに対する心構えが述べられたものであり、正直言って新しい思考方法が述べられたものだとは感じられなかった。

 

また気になったのが、右脳型と左脳型のくだり。

右脳型・左脳型云々は、誰かが作り上げた神話みたいなものだと考えているが、この本には「右脳と左脳の使い分けをする」などと書いてある。

具体的には、「右脳型の特徴と左脳型の特徴の長所と短所を補いながら、スイングでは右脳を使い、プリショットルーティンでは左脳を使うのが、理想のバランスです」と。

・・・・ど、どうすればいいのだろうか???

 

その他、ゴルフに「上半身の筋力は必要ない」「瞬発力より持久力」など、俄かに信じがたい文言も。

いやいや、上半身の筋力は必要だし、持久力より瞬発力でしょう。

もし、「上半身の筋力は必要ない」「瞬発力より持久力」というのが本当であれば、2020年ツアー再開後のデシャンボーの活躍を説明することなど不可能になってしまう。

スポンサーリンク

まとめ

上記以外にもツッコミどころ満載であったが、これくらいにしておこう。

ただ、この本の冒頭で述べられている、「練習場に行かなくても上手くなれる」には共感できた。

最近は私も、毎日球を打つより「素振り」のほうが、効果が高いのではないかと考えている。