新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ラウンドレッスン日本一のプロが教える「スコアの答え」:小野寺 誠

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

初心者向けの、”攻め”よりも”守り”を重視するタイプのコースマネジメント本である。

構成は紙面上のラウンドレッスンといった趣。登場人物は、著者である辛口レッスンプロ小野寺氏と比較的下手なアマチュアゴルファーだ。

スイング解説書ではないので、ラウンド前日夜に読んでもまだ間に合う。1打でもスコアを縮めたい方はどうぞ。

読後の所感

いつも思うのだけど、初心者向けのマネジメント本って意味あるのかな?

そもそもが下手くそなんだから、マネジメントもクソもないような気がするのだけど。

 

それはいいとして、基本的には登場人物の下手なプレーヤーが著者の小野寺プロにダメ出しをくらう展開。イメージとしては、下手くそなのに何でそんなことするの?みたいな感じで話が進んでいく。

うーん、やっぱり私はこの展開好きではない。

「だからダメなんだ的」に怒られる展開は正直疲れるし、マウント取りに来ているようにしか思えないから率直に言って嫌いなのである。

この本のように、最初からミスを最小限に抑えることばかり考えるから、ゴルフのスケールが小さくなっていくのでは?

もっとポジティブなマネジメント本に仕上げてほしかった。

スポンサーリンク

まとめ

小野寺プロは今回、辛口レッスンプロの役回りでしたが、次回は甘口というかポジティブな役回りを演じてほしい。

そして、守りのマネジメントではなく、攻めのマネジメントをご披露願います。

いまのところ、私の知る攻めのマネジメント本は、伊澤利光プロの「攻めるゴルフ」のみ。

攻めのマネジメント本のほうが読んでいて清々しい気分になれる。