新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】スマイル!スマイル!渋野日向子:月刊ゴルフダイジェスト臨時増刊

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

渋野日向子プロの全英女子オープン優勝を記念して発行された、月刊ゴルフダイジェストの臨時増刊号である。

”スマイル!スマイル!渋野日向子”の名に恥じぬ、スマイル写真のオンパレード。スイング連続写真以外のほぼ全てがスマイル写真だ。

肝心の内容は、2019年全英女子オープンのバック9解説記事から始まり、帰国会見ノーカットインタビュー、スマイル写真館、スイング解剖と続いていく。

文字数多めの渋野写真集みたいな感じかな。

読後の所感

どうでもいいことだけど、渋野日向子プロのVサインはVの開きが大きい。

 

さて、渋野プロのスイングは私好み。

前傾深めのアドレスと屈曲具合の大きな腕シャフト角、そしてトップで強めのバウドリスト(左手掌屈)と、つかまり球を打てる条件が揃っている。

これこそコーチの教えの賜物だろうと思い、スイング解剖コーナーを見てみれば・・・なんてことはなかった。その実「頭に手をポン」というなんとも抽象的な教え。

「へっ、頭に手をポン・・・・???」

渋野プロにはインパクトで体が伸びあがる癖があったらしく、それを抑えるため、コーチが頭に手を乗せて、球を打たせていたらしい。

なるほど、プロに細かいことを言う必要はない。

修正すべきポイントを見極め、それを徹底させることこそ、名コーチの役割なのである。

スポンサーリンク

最後に

まさしく、渋野ファン向けの写真集的本である。渋野スマイルに魅了された方は、一冊手元に置いておこう。

一時期品切れ続出の、”タラタラしてんじゃねーよ” も忘れずに。