新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフベストインパクトを生む「逆モーション」理論:植村 啓太 著

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

この本に書かれている特徴を3つ箇条書きで抜き出してみた。

言ってみれば、これらはお馴染みのものだ。

  • アマチュアはフォロースルーの意識が希薄。
  • スイングは、フォローの位置から逆に巻き戻して構築する。
  • インパクトは9時から3時のゾーンと考える。つまり、インパクトは点ではなく通過点である

総じて、巷でよく言われるコツ的レベルであり、植村氏独自の理論とみなすには無理がある。

読後の所感

中・上級者が、己の技術の研鑽のために読む本ではなく、ゴルフを始めたばかりの初心者のために書かれた本。

逆モーション理論、というたいそうな名前がついているが、実のところ、フォローからスイングを組み立てようと主張する、いたってオーソドックスな内容。

理論とつけるには大げさ過ぎ。あくまでも、著者のツアープロコーチの経験がまとめられた本である。

 

著者の植村啓太氏は、突拍子もないことを主張するタイプではなく、オーソドックスなゴルフ論を展開するタイプであると認識しているが、この本は、まさにその通りで、万人がとっつきやすい内容に仕上がっていると言えるだろう。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

本を一冊読むということは、自分の貴重な時間とお金をかけること。だから、少しでも役に立つ情報があれば、貪欲に吸収していきたい。

今回、役に立った内容は以下の通り。

  • 等速等圧を心掛けるとインパクトゾーンが整いやすい

この真意については、著作から引用させてもらうことにしよう。

 

ボールに合わせようとしてインパクトで体が止まると両手とクラブフェースが急激に返ってボールが大きく左に曲がってしまいますし、逆にクラブが遅れて下りてくるとフェースが開いて当たり、右にしか飛びません。

インパクトゾーンを整えるにはハーフウェイダウンからハーフウェイフォローまで、「等速」と「等圧」を心掛けましょう。

実際にはクラブヘッドが加速しますが、スイングのスピードとグリップを握る力加減を均等に保つイメージが大切です。

 

この引用箇所は、自分の過去記事「【スイング探究】反動を使った伸張‐短縮サイクル(SSC)による飛距離アップ」を磨き上げるのに大いに役に立つと思われた。

 

伸張‐短縮サイクル(SSC)とは、いわゆる反動のメカニズムのこと。筋肉が伸ばされるときの反射的筋収縮作用と腱のばね効果がその原動力となる。

本書の役立ちポイントは、SSCによる反動を使って切り返した後のふるまいだ

 

反動によって勢いをつけ、さらにそこから胴体周りの回転力を上げていく(加速していく)のか、それとも、反動の勢いを借りたら加速するのではなく、勢いを殺さないよう等速状態を保ちながら振り切るのか。

 

飛ばしたいと思うと、どうしても切り返し後に胴体を加速したくなる。

しかし、胴体を加速するということは、切り返しで発生したコック角(タメ)がいつまでたっても解放されないことを意味するのだ。

 

では、切り返し後、加速するのではなく、等速状態を保って振り切ったらどうだろう。

クラブヘッドにかかる遠心力は、切り返しから次第に大きくなっていく。したがって、コック角(タメ)はインパクトに向けて自然と解放されることになるだろう。

 

また、コック角が解放されるということは、力が末端側に伝達されるということ。かりに、胴体を等速状態で回し続ける意識を持っていたとしても、その反作用により胴体は減速するはずで、胴体が減速すれば、皆さんご存じのとおり、自ずとフェースは返ることになる。

 

練習場でもラウンド中でも、何発も球を打っていると、原因不明のプチスランプに陥ることがある。自分の場合は、上記引用にある「等速」「等圧」の意識が希薄であったことが原因なのかもしれない。

後日談

練習場で試してみたが、「等速」「等圧」はどうもうまくいかない。

特に、沈み込んでからのジャンプ動作とは相容れないようだ。

ジャンプ打法のようにパワーを瞬間的・爆発的に使うタイプの人は、「等速」「等圧」の意識など持たないほうが賢明だろう。。。当たり前か。

最後に

「逆モーション理論」とあるように、理論という言葉をつけてしまうから、内容にがっかりするのである。

できれば「ゴルフを始めたての初心者へ」との文言を添えて欲しかった。

内容もうまくまとめられており、読みやすさ、とっつきやすさという点では申し分ないのだから。