新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

間違いだらけのゴルフ理論 ~コツと理論をごちゃまぜにするな!~

ゴルフなんでも

サイト開設から2カ月、つくづく思う

正しい動きを覚えることができるコツであれば大歓迎ですが、原理的におかしなものであったり、対症療法的なその場限りのコツは百害あって一利なし、上達を妨げるものでしかありません。

既に記事にしたところでは「てこの原理」がありますが、これは第3種てこを使うべきで第1種てこではないと私は考えています。

てこの原理は英語ではレバレッジ(Leverage)であり、FXなどしている方には御馴染みの言葉ですが、そこには少ない資金で大きな投資ができるというメリットがあります。

これを、ゴルフスイングにも適用して「てこの原理」を使えば少ない力で大きな力を出すことができる、つまり飛距離が伸びるという理屈でよく推奨されているのを見ますが、ちょっと待ってくださいな。

第1種てこでは、力におけるレバレッジの恩恵は全く受けることができないのですよ。詳細は「【スイング探究】間違いだらけのテコの原理」に譲りますが、その実態は、ただ単に強制的なフェースターンを起こしているだけのことに過ぎません。

つまり、「たまたま第1種てこを利用したら、フェースが一気にぐるんと返るから、結果的に球を捕まえることができるようになった」だけのことで、本来のレバレッジ効果、少ない力で大きな力を発生させたわけではないのです。

スイング中ヘッドには慣性が働いていますので、その勢いを借りれば右手を支点として左手を力点にすることもできるでしょう。

しかし、慣性が働いていない状態でやってみたらどうなるのでしょうか。ゴルフクラブではなく、重量のある杭打ちハンマーなどを想像すればすぐにわかりますよね。

本来の第1種テコの原理を適用しするならば、右手はクラブ中央よりヘッド側を持たない限り、そこに力のレバレッジ効果は生まれないのです。

さらに、右手を支点にするとクラブを短く使うことになりますので、モーメントの観点から見れば、マイナスの要素でしかありません。

私は原理的におかしいことはやろうとも思わないのですが、皆さんそれでもやりますか?

※ ゴルフのグリップの位置関係で第1種テコを使って「運動の拡大」も可能ではありますが、運動の拡大を目的とするのであれば、第3種テコを使うべきです。

スポンサーリンク

ハンドレイトでトゥーで打つ感覚だと?

アドレス時のハンドレイトなら全く問題ありませんが、インパクトにおけるハンドレイトはありえないでしょう。

ハンドレイトでインパクトするということは、手元をクラブが追い越して上昇しているときにヒットするということですよ。上昇しているということはヘッドが減速している状態ですから、わざわざその状態でインパクトするなど非効率の極みです。

スライスに悩むゴルファー向けに、ハンドレイトの感覚でインパクトすればヘッドが返るからスライスが直るかも、というレベルの対症療法ですが、それならば、ハンドレイトにインパクトする意識を持たないといけなくなったその原因を根本治療する方向にシフトしましょうよ。さもなければ他の部分にしわ寄せがくることは分かり切っています。

さらにハンドレイトを意識して、ヘッドのトゥーで打つ感覚と言われても、、、それは私には無理な話です。

これに関する私の見解は後日記事にする予定ですが、ヘッドのトゥーで打つ感覚を養うくらいなら、後ろ向いておもいっきり振れと言った方が理に適ってますよ。

コツと理論のごちゃまぜ感が半端ない

理論もコツも、間違いがあって当然です。しかし、コツの寄せ集めを理論と言うには無理があり過ぎるでしょう。

せめて、原理的にはそうだね、程度のものがあってしかるべしで、個人の感覚がコツとなってそれが最終的に理論になってしまうのは困りものです。

これは、元プロ野球選手の大御所が「肩や肘をケガするのは走り込みが足らんからや」とテレビで吠えるのと、ちょっと似ているような気がしますが。

スライスするのは「走り込みが足らんからや!」と言われても信じる人はいないでしょう。