新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

世界に挑戦するなら知っておくべき、スポーツ大国アメリカの実情

ゴルフなんでも

いやはや参ったね。

実に参った。

日本とアメリカの間にある、スポーツシステムのあまりに大き過ぎる差に参った。

不合理だらけの日本スポーツ界」という本をご存じだろうか。

スタンフォード大学アメリカンフットボールチーム オフェンシブ・アシスタント(2018年時点)河田 剛さんが書かれた本だ。

アメリカ・カレッジスポーツにおける驚きの事実

日本でアメリカンフットボールの選手として13年、コーチとして3年の経験を持つ河田氏が、2007年スタンフォード大学のアメリカンフットボールチームのオフィスドアをノックするところから話は始まる。

河田氏は、当初ボランティア・スタッフとしてチームに合流し、そこから正式スタッフとして契約することになるのだが、そこで河田氏が見た「日本とアメリカの歴然たる差」、これがあまりにも大きすぎた。

 

<カレッジスポーツにおける驚きの事実>

  • キャンパス内に11万人を収容できるスタジアムが存在する
  • 学生アスリートを指導するコーチの年俸が10億円を超える(勝利や優勝のボーナスを含めた場合)
  • 大学は、スポーツによって年間100億円以上の収益を上げている
  • 2016年のリオオリンピックで、カリフォルニア州の四大カレッジ(カリフォルニア大学バークレイ校、スタンフォード大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、南カリフォルニア大学)が獲得したメダル数は50個。ちなみに、これらの大学は、全米屈指の頭の良い大学である

<注> カリフォルニア大学バークレイ校、スタンフォード大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の3校は、世界大学ランキング2020 において東京大学よりも上位ランク。南カリフォルニア大学は京都大学よりも上位ランク。(東京大学:36位、京都大学:65位)

 

アメリカのカレッジスポーツは、まさにビジネス化したといって良いだろう。

それが良いか悪いかの議論は置いておいて、上記の事実には驚愕するしかない。

スポンサーリンク

 

アメリカにスポーツ留学した人達は皆「勉強が超大変だった」と口にする。

日本人の感覚だと、スポーツがビジネス化していることに違和感を覚えるかもしれないが、これこそまさに「文武両道」と言ってよいのではないだろうか。

 

さらに、アメリカでは、例えば大学3年生でMLBやMFLとプロ契約に至った場合でも、引退後は同校に戻り、残りの単位を修得すれば、卒業できるシステムが整えられているそうだ。

そこには、スポーツ選手の第二の人生、「セカンドキャリア」をサポートするシステムが厳然と存在しており、そしてそれが実にうまいこと機能しているらしい。

最後に

今回ご紹介したのは、“不合理だらけの日本スポーツ界”に書かれている内容のほんの一部だ。

本記事では、私が読んで驚いたことを書きつらねたのみだが、著者の河田氏の意図するところは、単にアメリカの驚愕の事実を皆様に伝えることではなく、アメリカスポーツの現状を参考に、日本における正しいスポーツの在り方を見出して、変えていくことにあると思われる。

もちろん、すべて河田氏の意見に賛同するわけではない。

しかし、明らかにおかしな、そして合理的ではない慣習、スポーツの発展を阻む要素は、徹底的に排除されるべきで、この本は日本スポーツの将来を考える良いきっかけとなるはずである。

 

自分は中学時代、体罰大好きなコーチのせいで、野球が嫌いになってしまった。

チーム全員ケツバット、ビンタは当たり前、中には鼓膜が破れてしまったチームメイトもいたなあ。

特に理不尽だと思ったのが、どうみても余裕でホームインできることが明らかなのに、全力疾走でホームを駆け抜けなかっただけでビンタ。

内野ゴロがイレギュラーして反射的に顔をよけてしまったらビンタ。

アメリカではこんなこと絶対にないからな。

あー、思い出しただけで本当に腹立ってきたわ!

怒怒!!あのヤロー!!!

 

アメリカへのスポーツ留学を考えている若者たちよ。

己の技量を高めるため、選手として栄光を手にするために渡米するのも良いが、せっかく留学したのであれば、スポーツ大国アメリカの実情を把握し、その経験を日本スポーツの未来のために役立てて欲しい。