新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

ゴルフスイング只今苦悩中! 慣性モーメントとカウンターバランスについて

ゴルフなんでも

自分は常々、スイング初期では慣性モーメントを小さく使い、インパクトに向けて大きく使うのがベストと主張してきた。

なので、切り返しからある一定の時間、腕とシャフトの角度が90度になるよう維持することができれば、その間は慣性モーメントを小さい状態で扱えるので、自ずとインパクトでのヘッドスピードが上がるという理屈だ。

 

一方、ある記事で「切り返しからクラブを後ろに振る感覚が大切」と書いたこともある。

ボールに対して、直線的に手元(グリップエンド)を向かわせるのではなく、切り返しから手元を遠いところに下ろしていけば助走距離が長くなるし、そして、サイクロイド曲線に従えば、ヘッドは必ずしも直線的に動いたほうが速いというわけではないという理屈だ。

後ろに振ろうと思えば、右肘を伸展させるような動きが入る。つまり、コックが解けやすいってこと。

 

うーん、我ながら、これって矛盾をはらんでいるとしか思えない。

 

そこで最近、体の左サイド(主に背中の筋肉、左肩甲骨付近)で引っ張るようにスイングするのに最適な感覚って何だろうって考えていた時のこと。

ヘッドとの綱引き状態がなければ、引っ張ることはできないんだから、そうなるとヘッドはある程度体から遠いところにあったほうが都合がいい。

クラブが体に巻き付く感覚ばかり追い求めていた時は、この綱引き状態が感じられなかったから、結局右手でクラブを押すようにするしかなかった。

すると、ダフリの危険性が高まるから、それを避けようとしてインパクトで自然と体が伸びあがったりする。

スポンサーリンク

 

カウンターバランスって言葉、皆さん一度は聞いたことあるでしょう。

右に力が加わっているときは左に、上に力が加わっているときは下にバランスを取るように反対向きの力を加えることだね。

となると、切り返しから左にバンプを入れる人は、右に力を加えないとバランスが取れないからヘッドを後ろに振る必要が出て来る。

そして、ヘッドがインパクトに向けて下方に移動してくれば、ジャンプをするような動きで上向きの力を加えなければカウンターバランス成り立たない。

ジャンプをすれば、ブランコと同じ原理でコリオリ力も働いて、クラブヘッドは加速するから一石二鳥だ。

 

結局何が言いたいのかってことだけど、先日記事にした片山プロの「右手のゴルフ2」って本。

その中に出て来る、切り返しから右ひじを伸ばすように振るってことも間違いではないってことだ。

そのときは、慣性モーメントが増えるからこの動きは間違いだろ!と書いたけどね。

だから苦悩中!とタイトルにかいたわけで。

【GiS的多読】「ツイスト」が飛距離の壁を突き破る 右手のゴルフ2:片山 晃
ツイストと右手は別物として理解しなければならない。ツイストと右手主導はセットであるというバイアスがかかった状態で本書を読んでしまうと非常に危険である。ツイストは、必ずしも右手とセットの代物ではない。左手ともセットになり得るのである。

 

左サイドで引っ張るように振るには、右肘を切り返しから伸展させて、カウンターバランスを取る。

そこから、股関節で体をワンピースで(捻転を解かないで)スイングすれば、ボディーターンの完成に至る気がしている。

ますます、慣性モーメントを小さく使うことに気を配るより、カウンターバランスを取るほうに気を配ったほうが良いように感じてきた。

色々試した結果・・・

結局のところ、タメが解ければクラブヘッドは加速しないのだから、右肘の伸展は特段意識しないほうが良さそうだ。

二重振り子の原理からして、キャスティングとなってしまえば、インパクトでヘッドは加速し難くなる。

【スイング探究】二重振り子は、ゴルフスイングの根本原理
ゴルフのスイング解説で度々耳にする二重振り子。二重振り子スイングを体得すると、どうなるのでしょうか。「ヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びる」「プロのようにやわらかく、しなやかな「ムチ動作」になる」「その他、すべてが良くなる」3つ目は何やら怪しいですが、まんざら嘘でもありません。二重振り子はゴルフスイングの根本原理なのですから。

低い手元からのインパクトを心掛けておくだけで、右肘は自然と伸展されるように思える。一過性の気の迷いということで。