新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

5年経っても劣化なし!買ってよかったパターマット”SUPERBENT”のご紹介

ゴルフなんでも

5年経っても劣化なし!驚きのパターマット

先日ふと、だいぶ昔に購入したパターマットのことを思い出し、早速使ってみたところ「なんということでしょう」、劣化はひとつも感じられず、買った当時の風合いそのものでした。

それがこちらの商品、楽天の購入履歴で確認すると2014年8月となっていますので、購入から5年弱は経っています。

これとは別のパターマット(カップに向かって傾斜が付いているやつ)は、裏に貼り付けてあるゴムが3年ほどでボロボロと剥げ落ちてきたと記憶していますが、こちらはそういうこともなく裏ゴムはしっかりかつしっとりとしたまま、表の人工芝も購入当時と何も変わっていないように思えます。

芯材にくるくる巻いて保管(放置)していたのですが、巻きじわや浮きもなく、床に吸い付くようすんなりと広がってくれました。

この5年間、空調設備など何もない、締め切った倉庫代わりの空き家に放置していましたので、それを鑑みれば、驚きの品質と耐久性を兼ね備えた製品と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

SUPERBENTパターマット お気に入りポイント

SUPERBENTパターマットの個人的なお気に入りポイントは以下のとおり。これからパターマットを購入される方は参考にしてください。

距離感をつかむ練習が出来る

カップインしたボールが戻ってくる傾斜の付いたパターマットは距離感をつかむ練習には不向きです。上り傾斜を越すために、どうしても力みが入ってしまう方も多いのではないでしょうか。

その点、SUPERBENTパターマットは完全フラットであり、カップを模した「距離感マスターカップ」なるものめがけてパッティングしますので、自然なストロークが身に付きます。

また、マットには順目と逆目があり、一枚で順目9ft、逆目8ftの異なるスピードで練習可能です。

さらに、別タイプのパターマットでは最高速なんと16ft!マスターズのグリーンはこれくらいですか?

私は、標準仕様のSUPERBENTを持っていますが、もう一段階速めの高速ベントグリーンTOURNAMENT-SB(順目12ft、逆目10ft)にしておけばよかったかなあと少しだけ思っています。購入前は、こちらの室内用グリーン比較表で十分に検討されることをおすすめいたします。

マンションなど集合住宅でも騒音を気にせず練習できる

従来のパターマットでは、どうしても穴に入ったときの音、ボールが戻ってくるときの音が気になってしまいます。ですので、マンションやアパートにお住まいの方の中には、「買ったは良いものの、結局はたんすの肥やしにしてしまった」方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうであれば、こちらのパターマット。そもそも穴が開いていませんし、ボールも戻って来ませんので、夜中でも思う存分練習ができます。

私の使っているタイプは幅が90cmもありますので、(酔っ払って)よっぽど適当に打たなければ、マットからボールがこぼれることもありません。(幅45cmの製品もありますので、そっちだとこぼれるかも)

ふかふかで気持ちいい

90cm幅であれば、マットに乗って練習ができます。そして、裸足でのれば、ふかふかして気持ちいい!

(万が一、パット練習に使わなくなったら、ベランダや庭に敷いて、お子さんやペットの遊び場に)

スポンサーリンク

まとめ

私が所有しているのは、SUPERBENTの幅90cmx長さ3mです。幅45cmのタイプもありますので、スペース的に厳しい、もしくは練習を継続できるか不安な方は、こちらから始めてみられてはいかがでしょうか。

また、標準と高速の2種類のスピードが欲しい方は、45cm幅x2種という選択もありでしょう。

ご購入はAmazon、楽天、Yahoo!、どのサイトからでもよいと思いますが、製品の詳細情報を知りたければ、楽天かYahoo!がおすすめです。(Amazonには製品単位の情報しかありませんので)